インプラント治療における失敗の要因|歯科と長く付き合う秘訣

カップル

インビザラインの魅力

インビザライン

インビザラインというマウスピース矯正は今では世界中で浸透してきています。矯正治療中の周りの目が気になるという人や、金属アレルギーで矯正を諦めている人は、インビザラインを検討してみてはいかがでしょうか。

もっと読む

良い歯医者の選び方

歯型と歯ブラシ

歯医者は今や日本全国にかなりの数があります。越谷市の歯医者を探そうと思っている方は、良い歯医者の選び方を把握しておくことで、様々なトラブルを回避することができるでしょう。

もっと読む

歯医者の種類

歯

歯の治療には虫歯の治療の他に、歯並びや噛み合わせを正す矯正治療や、歯を美しく見せるための審美歯科治療など、様々な種類があります。横浜の歯医者選びに困ったら、歯科の診療科目で選ぶと良いでしょう。

もっと読む

治療が失敗する原因

インプラント

虫歯や何らかのトラブルで歯が抜けてしまった時の治療法として、最近浸透してきているのがインプラント治療です。顎の骨に人工の歯根を埋め込んで、その土台に人工の歯を取り付ける非常に高度な技術です。インプラントはメリットも多いですが、場合によっては失敗してしまうこともあります。インプラントの失敗例をいくつか挙げてみたいと思います。まず、インプラントの根元がぐらついたり抜けてしまったりするトラブルです。原因として、インプラントをつけた場所や角度などが悪く、しっかりと固定されなかったということが考えられます。また、痛みや腫れ、痺れといった症状が長期間続くといったトラブルもあります。このトラブルは治療した部位に細菌が入り込んで感染して炎症を引き起こしており、埋め込んだインプラントが神経を傷つけて、麻痺を起こしていることが原因です。こうした失敗が起こってしまう要因は、主に医師にあります。インプラント治療というのは、専門の知識や整った設備がなければ安全に行なうことは難しいです。簡単な治療ではないので、誰でもできるわけではありません。失敗しないためにも、インプラント治療の経験が豊富で、治療前の検査や診断を丁寧にしてもらえる医師を選ぶことが、失敗の予防に繋がります。また医師だけではなく、治療後はしっかりと自分でケアしてメンテナンスを怠らないことも大切です。きちんと手入れをして清潔な状態を保つことで、インプラント周囲炎などのトラブルを未然に防ぐことができるのです。